「ほっ」と。キャンペーン

【沈黙を】やっと更新!!!!!近況報告ハイライト!!と色々な報告。【破りました】

どうもお久しぶりです!雑記は2ヶ月ぶりくらいでしょうか?
沈黙を破り、久しぶりの更新!
どうもコウイチロウです。生きてます!

色々な方々から「生きてる?」「blog辞めたの?」「何かあったの?」「失踪?」と言われたり、直接連絡がしてくれたりしましたが、しっかり生きてます!

理由として一定期間Reality crisisの代打ギターを引き受けたので一時的に4つバンドの掛け持ちしてたのとXERO FICTIONのリリース関係の雑務とレコーディング準備が重なってしまいました。たぶん聴力が激的に落ちました。


"This time around"をリリースしてもうすぐで2ヶ月が経ちます。
リリース前後一ヶ月、生活がめちゃくちゃでした。。。そしてやる気スイッチが壊れました。
しかし、あれです。
あんなに一生懸命、曲作り→練習→REC→プレス→ジャケ作り→流通→梱包→発送と時間をかけて作ったんですが在庫切れになってしまったら、時間をかけてたくさん作ったカレーが大食いの人たちが来て、一瞬にして食べられてしまう感覚です。嬉しいですがちょっと寂しい気もします。

あとレコ発ライヴにて10inchを購入しようと考えていて買えなかった方々、本当に申し訳ありませんでしたが必ずや聴ける様にしますのでしばしお待ちを。
そんな方に朗報。
I HATE SMOKE RECORDSの名物comp CD「JOURNEY TO THE MY WAY」にひっそりと1曲だけXERO FICTION参加させて頂きました。10inchに収録しているニッキーコルベッツのカバーを選びました。

普段あまり関わりの無いバンド多数で面白そうだなと思い承諾!
※SYAS以外は。
あとレーベルオーナーでもある大澤君(the THE SENSATIONS)の人柄です。
今年は7inch record発売記念GIGを東京でも企画してくれたりとお世話になりました。
税抜価格800円ということで、リーズナブルで手軽に手に入れてもらえると思いますのでチェックお願いします。きっといろんな場所で買えるでしょう。

12月24日発売です!クリスマスや!

タイトル:Journey to the my way
品番:IHSR-053
税抜価格:800円

e0228727_19210909.jpg


詳細はこちら→http://diskunion.net/punk/ct/news/article/1/48594?dss_mode=pc

800円とは?!!!まだ聴いていませんが、大澤くんに任せとけばきっと良盤でしょう。ありがとう^^

数量限定みたいなので、確実にGETしたい方はご予約を。きっといろんなレコード屋さんに並ぶと思う。


11月のレコ発月間終わって、やっとひと段落、、、鬼の11月。。。

思い出いっぱい。多すぎて忘れてるくらい。


が!しかし!そんな振り返ってウカウカしてられない!!!!

レコ発月間が終了した翌週から新たな音源を作るべく、レコーディングを開始しました。
前作を超えるように作りたいけどもう自分には無理だろうな。と心の中で弱音を吐いていたんですが、、、サクッと出来ました。サクッと。ラッキー!\\^O^//って感じでRECしてます。
出来るもんですね、blog休んだ効果あったかもです。お楽しみに。

e0228727_19221346.jpg


そしてまた来年リリース報告できると思います。その辺はまた追々。
※「CDでリリース」と謳いましたがやっぱ迷って、気が変わりました。
次作もレコードでいきます。レコードが好きなんだ!!!wご了承ください。


さてと何から振り返ろうか。もうてんやわんや過ぎるので写真で近況ハイライト。
こんなに放置したの久しぶりすぎて更新の仕方忘れましたので写真で時系列を。

これはハロウィンか。見たらすぐわかるwGASOLINEで新代田だったな~

e0228727_19231213.jpg


ノブさんとルーシー(SYAS)

これはXERO FICTION のレコ発2日目の四日市VORTEX前。
e0228727_19235355.jpg


僕とファンタ君
※HAT TRICKERSの11年ぶりのフルアルバム。震えるほどの名盤でした。

CJ RAMONEと対バンしたり。

e0228727_19250247.jpg


e0228727_19250013.jpg


e0228727_19250143.jpg


レジェンドを並ばせてみた。タイロウさん(the 原爆オナニーズ)
この日は思い出深いです。クアトロのステージは高くて怖いです。

次はこれ。岐阜ANTSでREALITY CRISISのライヴ前の飲み会

e0228727_19274396.jpg


よく肩が外れるアイチ君(REALITY CRISIS)
イエーイて。

FRONTIE BACKYARDの10周年ツアーに遊びに行きました。

e0228727_19185548.jpg


e0228727_19185460.jpg

e0228727_19284685.jpg



僕の叔父的存在で色々教えてくれるチャーベ君は僕の鋲ジャンも着れるおじさん。

朝方まで打ち上げを堪能。楽しかったと同時に色々為になります、この音楽集団。

あとノットリで歌うから歌詞を覚えたり。

e0228727_19211516.jpg


結局ダイちゃん(ex.NOT REBOUND)やアカネヤが乱入して覚える意味無かったw

ニッキーコルベット来日ツアーサポートもあった!

e0228727_19211435.jpg


自分の親よりも年上なアクティブなニッキー。輝かしかったです。
打ち上げで遊びすぎて終電逃したんだ。

母親の誕生日会に参加しました。

e0228727_19211393.jpg

タイロウさん(the 原爆オナニーズ)と同い年。面白いもんですな~。

the STARBEMSのレコ発パーティ後のアフターパーティにてDJで参加。
写真は一緒に出たトモヤ君(明日、照らす)
e0228727_19211381.jpg



彼はまさかの会場の空気感に焦り、タクシーで家に帰って音源を持ってくるという珍事w
そして流した一曲目はパフューム「チョコレートディスコ」
もう「そういう感じ」の大喜利状態で僕も遊びで持ってったレコードを全て使い果たし乗り切りましたwある意味勉強になった。

XERO FICTIONのnew音源のレコーディング開始。

e0228727_19314784.jpg


いつも通り、ダラダラ録音してます。

XERO FICTION、今年最後のライヴは九狼吽プレゼンツのDEAD CHAIN

e0228727_19211258.jpg


出番がトリのWARHEADとFUKの間という出番で緊張しましたが楽しかったです。

e0228727_19341758.jpg


ムネ君(九狼吽)とギャバ(FUK,chaos UK)良い写真!

打ち上げ後はロンドンナイトin NAGOYAに遊びに行きました。
大貫さん、何年かぶりに会いましたが覚えててくれました。
XERO FICTIONの曲がかかったそうで、誰がかけてくれたんでしょうか?ありがたい。

その翌日は朝から静岡へ!さわやかハンバーグ!

ライヴはサーキットイベントでたくさんの会場で同時進行スタイル。
セイジさん(ギターウルフ)が客席の端のほうでじっと見てるとテスト受けてるみたいでした。
その後今年一番競演したであろうクリトリックリス先輩とレッドスニーカーズでプチ忘年会。楽しかった。

ギターウルフもゆっくり見れた。

e0228727_19210943.jpg


相変わらずブレない。メガネも。
セイジさんすごい一緒に飲みたそうだったけど、あっさり僕らは帰宅。
来年1/31名古屋で!!


ざっとまとめるとこんな感じで遊び散らかしてました。
あと残りの日は地味にスタジオor曲作りor呑みに行っているor映画ドラマ鑑賞の日々。
聖女という広末涼子主演のドラマがクリーンヒット。今だに思い出してブルーになってます。。。。ああマリアさん・・・

というわけで、元気にやってます!

よし、今年も残りもうわずか!

元旦さんがやってくるまで後わずか!

e0228727_19371722.jpg


悔いの無いように駆け抜けます!

よろしくお願いします!

ではでは!^^
[PR]
# by koichiro_reject | 2014-12-15 19:41

【完売御礼】XERO FICTION”This time around"発売記念インタビューVo.3

インタビューVo.1はこちら→http://reject1981.exblog.jp/22519693/
インタビューVo.2はこちら→http://reject1981.exblog.jp/22524871/

では続きをどうぞ!

以下省略
クランチ→ク
コウイチロウ→こ
ハルカ→は
キョウヘイ→き
ドランキー→ド

e0228727_236159.jpg
ク:OVER the POP tour、沖縄ツアーと来て、次にやってみたことはありますか。
こ:仲良いバンドとどっか行くっていうのはちょいちょいやりたいね~。
は:そうだね~。
こ:俺が何回見ても好きって思うを誘って修学旅行的な感じでね。楽しいよね?
ド:うん、そんでいつもツアー用のLINEのグループがめちゃくちゃ盛り上がる。イジラレル奴の5段階ズームは定番だよね。
ク:それ、どうせSYASが仕掛けてくるんやろ?w
こ:そう、あの兄弟のどちらか。wでも楽しいよな~。

ク:どこまで売れたい?!
こ:毎回音源の枚数を決めてるわけじゃん。その枚数を絶対に売り切る!っていう目標だからさ、今の話しかリアルさが無くて想像できない。
は:あたし、ワンマンやることかな~。
ド:ちょっとしたツレが「マジで!」っていうレベルってどこくらいなんだろうね。それ言われたいんだよな~。
は:コウイチロウが前に言ってたけどさ、親を見に来させるっていいよね。安心して家族を呼べる環境で出来る様になりたいよね。
こ:生きてるうちにじいちゃんとばあちゃんに見てもらうってのをあるな~。
きょ:うちは親がめっちゃ見たがるんでそれを止めるのに必死です。w
こ:ゆっくり見れる環境で出来たらいいよね。
ド:ポカリのcm。w
は:cmいいよねw
ク:DEENみたいな曲作れやw
e0228727_237876.jpg

ク:今回の10inchで特に思い入れの強い曲はありますか?
こ:俺はRainy dayが気に入ってるね。理由は作るときに妄想で作ったんだよね。大体コードを弾きながらメロディを当てはめるんだけど、あれの場合は寝ながら天井を見て妄想して世界観が広がって、いつもと違う感じになったんだよね。イメージで作ったのがこれが初めてだから俺的には思い入れがあるな。イメージだけで広げてうまくまとめれたなと。パンクやる!とかじゃないけど、曲だけでイメージを広げてって重ねてく感じうまくできたかな。
ド:XERO FICTIONに入って早い段階であの曲を作ろうってことになって、パンクバンドやるぞって入ってきてイメージだらけどうしようかと思ったよw
きょ:僕はIn a basketですかね~。それぞれの楽器や歌がウマく噛み合ってるかなと思いますね。ベースを録った時にちょっとやりすぎたかなと思ったんですけど、ハマってよかったです。
は:あたし、気に入ってる曲はEvery day new dayなんだけど、思い入れのある曲はIn a basketだね。作る段階で最初にあたしが断片を持ってきたんだけど、作るのに一番時間がかかってwでも完成させたいって思いも強かったし、思い入れあるかな。
こ:今まで俺たちハードコアしかやってないからやり方がわからんだよね。次のドラムのパターンどうすると経験上にないからさ。試行錯誤しまくって。。最近は慣れてきたけどね。めちゃ大変だったね。
は:うん、、、大変だったね。出来たときはうれしかったね。
e0228727_2375927.jpg
ク:やっぱそれはハードコアパンクをやってたことがリスクになってのかな?
こ:あると思う。
は:他の音楽を聴いてこなかったってのもあるから引き出しが無いんだよね。こういうの好きとかはあるんだけど、どうやるかわかんない。みたいな。
こ:だからこのリズム隊になった時にできたんだと思うよ。それしか知らない人が集まってもできないと思うしね。最初にスタジオに入った時の3曲の中の一曲だもんね。
ク:そうなんや!
こ:あと残りの曲はバーっと押す感じだったからdemoとかに入れれたけどこれだけはできなかったね。どうアレンジしていいかわかんない状態。
ド:俺はTell me。ドランキーのテーマだ!ってコウイチロウさん持って来て。
こ:ドラムが決まってスゴイ嬉しかったんだよ、ドラム居ない状態で安定してなかったしね。
は:そうだね、すぐ連絡してきたもんね。
ド:そんな俺のテーマでって言われたけど、RECでうまく叩けないっていうね。w
一同:爆笑



e0228727_2384028.jpg
ク:墓場まで持っていきたい音源は?
こ:じゃあ自分のレコード。w今回の10inchw
一同:理由は?
こ:うーん良い曲だな~とは思わないけど、思い出として。あーー頑張ったな~ってだけの話で。たぶんビートルズを墓場まで持って行っても頑張ったなとは思わんし。曲うんぬんやっぱ自分のは思い入れ強いじゃん。ジャケ見ただけで梱包が・・・w
一同:出た梱包!w
ク:バンドにとっての山場、梱包以上にあるよ!w
こ:いやマジで梱包辛いんだってw
きょ:僕はdemo音源です。あれを聴いてこのバンドに入れるんだったら入りたいなと思って人生が変わったきっかけなんで。
一同:おーー!
は:う~ん・・・・持っていくなら、これから出る音源?もしくはACTION!かもしれん!※前バンド-REJECT-時の4wayスプリット7inch
一同:あーー!!!
は:あれぐらいから自分の気持ちが変わったんだよね。あれをやった時に自分が歌うきっかけになったようなもんだから今のバンドに繋がってるものっていうか。
こ:・・・あ。俺も持ってって良いですか?www
一同:一枚だから!w
ク:ACTON!のDVDでアムステルダム歌ってるやんか?
は:うん。
ク:あれ、めっちゃひどいよな?w
一同:爆笑
は:ひどいよね~涙 あの時はでもあれで良いって言われたジャん?でも今聞くと酷いよね!wよくあれでみんな良いって言ってたよ!w恥ずかしいわ。wわざと適当に歌ってる感はあるけどさ~
こ:そっからの今だから成長したよね~。
ク:最近見てびっくりしてん。変わったな~と思って。じゃあ話を戻して、ドランキーは墓場まで持っていくとしたら?
ド:・・・・みんな自分のバンドとかいってるけどめっちゃ普通のこといっていいっすか?w
一同:何々???
ド:・・・・・WEEZERの青。
一同:爆笑!べたーー!!!!
は:どうして?
ド:めちゃくちゃいいアルバムじゃん!それだけ。wwwめっちゃいいよw

は:これで終わり?
こ:うん、90分くらい録ってんねww
一同:長~!!!

遠くの方からドランキー

(これ薄めてウェイパー入れるよ)

無視。

朝まで5人で呑んでは騒いで、気づいたら全員雑魚寝しました。


オワリ
e0228727_2354413.jpg

[PR]
# by koichiro_reject | 2014-11-01 12:00

【完売御礼】XERO FICTION”This time around"発売記念インタビューVo.2

インタビューVo.1はこちら→http://reject1981.exblog.jp/22519693/


では続きをどうぞ!

以下省略
クランチ→ク
コウイチロウ→こ
ハルカ→は
キョウヘイ→き
ドランキー→ド
e0228727_19262859.jpg
ク:曲の歌詞に付いてざっくり説明してください。歌詞カード無いしね。
は:Evry day new dayは毎日、時はすぎるのは早いけど、すぐ次の日がくるから動き出さなきゃいけないよって歌詞。
ク:結構ポジティブな歌詞多い?
は:これはね。曲による。二曲目はカバーだし、三曲目のIn a bascketは自分から見たパンク界への思い。自分は元々そこに居たんだけど、今は行かなくなってハタから見たら「どうなの?」って思いを書いてる。
ク:それいつぐらいから思った?
こ:でもこれはこのバンドの3曲目くらいに作った曲だよね。
は:歌詞もその時だったから3年前には思ってたかな~。
こ:このバンドやろうぜってなった時がもうそんな感じだったもんね。もういいっしょって希望が無い感じだったから違うベクトルで始めようって思ってたからその時の思いが強いんだろね。
ク:どういう感じの時に思っちゃったの?
は:それは自分的には人間関係かな。人間関係もやり方によっちゃ全然いいと思うんだよね。例えば言ってることが筋が通っててそれをみんなが聞いてるってならいいんだけど、ただの押しつけを感じてはずなのに、でもその人たちはバンドで反抗的なことを歌うわけじゃん。それって矛盾だよね。
ク:じゃあ、ハルカは誰の事を書いてるの?
は:全体?誰とか特定の人に対してじゃなくて、その環境全体に対して。
ク:じゃあ4曲目は?RAINY DAY
は:これは映画。離れ離れになっちゃう子供と親の話。
こ:いつも書くときに題材が映画であって、どの立ち位置で書く?客観的な感想なのか、自分が主人公になってどう思うかで書くか。
は:この曲は主人公の気持ちかな。感情を書いてる。自分はこう思うなって書くかな。
ク:最後の曲は?
は:TELL MEは客観的に書いてるよ。内容について、自分の疑問を持ったからそれを書いてる。
こ:どんな歌詞?
は:表沙汰には出さないけど、裏工作で隠してる真実を教えてほしい。だね。
e0228727_1923204.jpg
ク:最近聴いた良かった音源は何?
は:トミーくんのバンド良かった!
こ:良かったね。ベタベタのベタで。クエスチョンアンドアンサーズ!やっぱりああ言うの好きだね!w
ド:鍋ができたよ~!
こ:またドランキーが話の腰を折った!w
は:最近聴いて良かった音源は?ドランキー!
ド:あーー!
一同:あーじゃねーよ!!!
ド:ごめんごめん、ライヴで対バンしてなんだこれ!って思ったのはkillerpass
一同:あーーー!
ド:なんでだろうあれ。・・・って。w
こ:確かになんでだろうね、あれ。wさっきまでここに来ようとしてたからね。最近やたら、飲みの誘いが半端なく多いハヤシック(killerpass)。
ク:それこそなんでだろうやん!!w
きょ:僕はランクヘッドですかね~。暗い曲が多いですね。それは元々好きですね。
ド:あ!俺、NHKの「みんなのうた」見てる!
一同:はいはい。

ク:サンクスリストってあるやんか。あれの逆でファックリストに入れたい項目は?物とか人とかなんでもいいねん。職場の会社名とかでもなんでも
コ:バンドだったら~かな!w
ド:それいいんすか?w
コ:編集します!w
きょ:僕は大学の先生ですかね。今勉強しないと人生を損するぞとか言ってくるんですよ。でも勉強が全てじゃないだろ!ってめっちゃ思うんで、、お前より楽しい人生を過ごしてる自信はある!みたいな。
こ:なんか青臭いな~w懐かしい感じがするwパンクっぽい答えやなw
は:あ。・・・・あえてパンクに対いてファックかな。。。
一同:おーーー!
こ:でも、これ活字にしたらアツ苦しそうだなーーw太字にしていいですか?
一同:爆笑
ド:俺はアンダーグラウンドとかいっぱいあるじゃん?そういうの全く知らないのに音楽知ってる風に振る舞う子ら。
こ:それ〇〇ッ〇〇のファンへのディスり?w
ド:いやいやいや汗
こ:でもパンク界隈にはそういう子は少ないかもね。


e0228727_1944885.jpg
ク:曲を作るときに心がけていることはなんですか?曲はどんな時に生まれやすい?
は:作ろうと思って作るかも。
こ:心がけてることはあるよ、絶対時間!
ク:朝とか?昼とか?
こ:そうそう、テーマとかじゃなくて時間で朝、昼、夜のどれか。
きょ:この前僕が作った曲はざっくりのイメージは夏のイメージです。僕は季節ですね。
ク:ドランキーはドラム叩くときに季節いつなん?
ド:うーん、季節というか、聴く人にも演奏する人にも邪魔にならないように・・・
一同:爆笑

ク:音源を出すにあたって一番苦労したことは何ですか?
こ:・・・・梱包。調子乗って「俺やっとくわ」なんていうんじゃなかったwホントに辛かった。。。曲つくりとかじゃないっていう。
一同:爆笑
こ:えーー聞きにくいですがレコーディングに関してはハルカどうでしたか?w
は:そうだよー涙あたしが一番レコーディングきつかった~涙。ホントに嫌だったw
こ:「歌ってくださいよ~。」「いや!もう歌えん!帰る!」ってね、姫。wまたすぐ今年それやんなきゃならんからねw
は:えー
こ:バックの演奏はすぐだったよね。
は:ミックスの方が時間かかってない?
こ:・・・・いや、一番時間かかってるのは歌ですw
は:。。。そうですねw

ク:音楽以外の趣味は?
は:旅行。温泉行くの好き。
きょ:僕は野球ですね。草野球で優勝を目指してますから。
ド:動物園と生き物の飼育ですかね。
ク:何飼ってるんやっけ?
ド:カメですね。
ク:名前は?
ド:しげなりですね
一同:爆笑
ド:ひらがなね
ク:どっちでもええわ!!w

Vo.3に続く
[PR]
# by koichiro_reject | 2014-10-31 12:00

【完売御礼】XERO FICTION”This time around"発売記念インタビュー Vo.1

今回”This time around"のリリースを記念して毎年恒例であるXERO FICTION鍋を敢行!
もちろんその会場は5人目のメンバーとなりつつあるクランチ(俺たちに明日はない)家!

クランチ君に司会をしてもらい、その時の会話を録音してバンドの会話を中心に抜粋して文字に起こしてみました。それぞれのキャラが出てて面白いと思います^^

暇つぶしにでもどうぞーー。

以下省略
クランチ→ク
コウイチロウ→こ
ハルカ→は
キョウヘイ→き
ドランキー→ド



ク:パクリたいバンド教えて。
こ:それいきなり過ぎだし、それ言っちゃっう?!
ク:パクリ欲求が出てくるくらい最近聴いて良かったとか昔からこのフレーズパクリたいけど実際は使ってないよ!とかね。
こ:メロディラインは~・・・・パンク以外。ラジオ多いな~。途中でラジオ切って、続きを歌う。それよくやる。集中してここパクろう!!とかしないかな~。ふとあ、いい!って思って携帯に吹き込んでOK!みたいな。
ク:作ってる間に知らん間にこれになってるやんとかそんなのないの?
こ:真夏の果実だね
一同:爆笑
こ:大体真夏の果実になるっていう、俺とガンちゃん(GASOLINE)とワタル君(Oi-skall mates)の中で決まってるから仕方ないんだわ。w
き:さっき聞いたんですけど、オイスカの曲からパクってるってワタルさん(Oi-skall mates)に言われたって曲どの曲なんですか?w
こ:あ!wそれはパクってるって訳じゃなくて、雰囲気だけ。メロティも違えばコード進行も違うし。勝手に思ってるだけだけど、ワタル君(Oi-skall mates)は俺の中で作曲の先生的な立ち位置で「こんなん出来る様になったよ!」って意味も籠ってるわけよ。それ裏テーマ。アンサーソング的な。

ク:何故バンドをやろうと思ったか?!
きょ:バンドっていうか楽器になっちゃうんですけど、楽器弾けたらカッコいいかなと思って始めましたね。エレキベースとかエレキギターが単純にカッコいいかなと思いました。
こ:普通か!!!w
一同:爆笑
ク:正解過ぎる答えやんけwドランキーは?
ド:うーん大体一緒なんだけど、ブルーハーツ然り、ハイスタとかゴイステとかそういのが流行ってた時にビリっと来たってだけの話
こ:それってなんでドラムを選んだの?じゃんけんで負けたとかねーの?
ド:ギターのやつはギター持ってて、ベースの奴はベース持ってたんだよ。ドラムがツレんちにあってじゃあドラムやるわって話。
ク:ちょちょちょ、なんでそのツレはやらんの?!w
ド:いやそいつベースだから。
ク:ちょっと金持ちのやつな!w
こ:名前は?w
ド:マサト君w・・・・公務員の部長の息子w
一同:爆笑
き:僕もそんな感じでベースが空いてたから始めたって感じでしたね~。
こ:感じでしたね。とかいってめちゃくちゃ最近の話じゃんねーか!w
き:そうですねw2年前くらいですかね。
は:あたしはバンドを始めた理由は楽器をやりたかった。音楽に興味があって女があんまり触らない楽器がいいな~と思って!でも最初は中学生の時に初めてベース触ったの。学園祭に出るために。その後ドラムやってた。
ク:コウイチロウは?
こ:俺は小学校からやってて、小学校の時に帰りの会ってあるじゃん?あれが雨の日だと終わったあとその先生のコンサートがあって井上陽水の「傘が無い」を弾き語りしてれるんだよ。それ見て。教室にギターが置いてあって、休み時間とかに触ってて、お年玉で大金が入った時に自分用のエレキを買ったんだよ。



ク:じゃあ次ー。今のパート以外でやってみたいパートは?どんなバンドのとかある?
こ:ドラムでラウドネス!wメタルとかハードロックやりたい
ド:俺、ボーカルギターでエレカシみたいなのやりたい
一同:えーーーー!!爆笑
は:その見た目で?wびっくり発言だなw
ク:キョウヘイは?
きょ:どんなんでも良いんでとりあえずギターを弾いてみたいです。エレアコでバンドやりたいです。
こ:お前がありがとう~っていうの?w
きょ:はい言いたいですw


ク:どんなところでライヴしたい?たとえばライブハウス以外で。
は:あ。きょうかーい!教会!
こ:それよく言ってるよね。俺は良く行くんだけど、出たことない大きいライヴハウス。
ク:ボトムラインとか?
こ:そうそう、ボトムラインはGASOLINEでもノットリでもないもんな~。クアトロとかはあるけど、出たことないライヴハウスがいいかな。
ク:キョウヘイは?
きょ:どっか封鎖してやってみたいです。道とか。
一同:えー!w
ド:俺は海の家とか。
こ:野外はこのバンドでは想像つかないな~
は:あたしも~
く:でもやる機会あるかもしれんもんね。

e0228727_2213240.jpg
ク:作詞作曲の題材はなんですか?
こ:作詞はハルカがしてるからな。これ俺からの質問なんだけど、歌詞が後で、曲が大体メロディから俺が作るじゃん。その雰囲気から考えて、書いたりするの?
は:しないね~。書き溜めしてるから雰囲気に合うのを選んでるけどそれに合わせて書くことはないかな~。作詞だけは自分の日頃思ってることか映画を見て思ったこと。
こ:確かに歌詞もレコードに載せてないしね。まず英語だし。
は:そう。だから絵を見て妄想して書いたこともあるよ。だから大体伝えたいことっていうか、感じたこと。


ク:次これは難しいですよ。自分の中でのXERO FICTIONのパーセンテージ?たとえば仕事とか。
こ:俺は80パーセントくらい。あとはの10%づつにGASOLINEとノットリ。笑
は:それって気持ちの問題のパーセンテージ?
ク:うん、自分の中の。
きょ:僕は70%で残りはバイトと学校で別ける感じですかね。
は:70行きたいけど実際は60%くらい?
ド:仕事は2%くらいwお酒が40%。バンドが50%くらいになっちゃうかもw
こ:でも俺は実働60%くらいかもしれない。まだ20%は伸ばせるな~。
ド:そんなこといったら俺実働は25%くらいだよw
一同:おい!!wもっと頑張れよ!
こ:でももし80%くらいまで出しちゃうと俺以外のみんなはついてこれなくなっちゃうと思う。wまだぜんぜん余裕だもん。

VO.2に続く
[PR]
# by koichiro_reject | 2014-10-30 12:00

【"This time around"発売記念】 曲解説 Vo5

"This time around"発売を記念して一日曲を目標に解説をしていきたいと思います。

今日で5回目です。この企画も今日でラストです。

明日からはXERO FICTION全体のインタビューを掲載していきたいと思いますのでそちらも宜しくお願いします。


レコ発のバンド紹介もしたかったんですが、取り掛かるのが遅くて間に合いませんでした^^;終わった後に書こうかな。
とりあえず今週末の土日はレコ発GIG宜しくお願いします。

これは東京編のフライヤーです。
e0228727_23451465.jpg

メンツがバラバラで面白そうですね~w楽しみだな。^^岡田さんとナンカ君、いつもありがとう!

さて曲解説ラストです。

【B-2 Tell me】
バンド結成当初からドラマーが安定せずにライヴだけをなんとか熟しているという状態が続き、ヘルプドラマーで既存曲だけを練習している日々が続きました。
新曲を増やせないままいたんですが、遂にドラマーがドランキーに決定!!!

スタジオ帰りに「これで新しい曲が増やせる!」と鼻息荒く帰宅し、そのまま深夜にギターを握って、30分ぐらいでパッパッパッパッパ!!!とイントロからアウトロまで完成!!!!
そして翌週のリハの際、仮タイトル「ドランキーのテーマ」としました!w

そう、ドランキーのテーマと呼ばれていた曲ですが、、、某バンド、某氏へのアンサーソングとして、、、、
※この件は10/30に公開するXERO FICTION全体のインタビューにて話しているのでここでは伏せておきます。歌詞についても語っていたのでそこも伏せておきます。

構成はベッタベタなクリシェ連発進行ですが、ハルカの声がいい感じにロマンティックな雰囲気になって合います。
コード進行がマイナーにいったり、メジャーに行ったりと慌ただしいのでギター録音の時にだいぶ手こずりました。(削りまくったなー。。。)

余談ですが、丁度7インチがリリースされた後に、ライヴハウスでタイロウさん(the 原爆オナニーズ)に出くわし、開口一番「7inchの曲、長いよ!まとめなさい!」と言われて、「・・・はい」と返事しておきながら、「うわーもっと長い曲作っちまったばっかだよ。。。」と心の中では思っていました。w
それがA-1のEvery day new dayを作るきっかけになるんですが、タイロウさんはそんなこと知る由もありません。w

色んな大先輩の影響を受けたと言って良い曲です。


【"This time around"発売記念】
曲解説Vo1 【A-1 Every day new day】
http://reject1981.exblog.jp/22497283/

曲解説 Vo2 【A-2 Let's go】
http://reject1981.exblog.jp/22510100/

曲解説 Vo3 【A-3 In a basket】
http://reject1981.exblog.jp/22519174/

曲解説 Vo4 【B-1 Rainy day】
http://reject1981.exblog.jp/22519841/
[PR]
# by koichiro_reject | 2014-10-29 12:00