【完売御礼】XERO FICTION”This time around"発売記念インタビュー Vo.1

今回”This time around"のリリースを記念して毎年恒例であるXERO FICTION鍋を敢行!
もちろんその会場は5人目のメンバーとなりつつあるクランチ(俺たちに明日はない)家!

クランチ君に司会をしてもらい、その時の会話を録音してバンドの会話を中心に抜粋して文字に起こしてみました。それぞれのキャラが出てて面白いと思います^^

暇つぶしにでもどうぞーー。

以下省略
クランチ→ク
コウイチロウ→こ
ハルカ→は
キョウヘイ→き
ドランキー→ド



ク:パクリたいバンド教えて。
こ:それいきなり過ぎだし、それ言っちゃっう?!
ク:パクリ欲求が出てくるくらい最近聴いて良かったとか昔からこのフレーズパクリたいけど実際は使ってないよ!とかね。
こ:メロディラインは~・・・・パンク以外。ラジオ多いな~。途中でラジオ切って、続きを歌う。それよくやる。集中してここパクろう!!とかしないかな~。ふとあ、いい!って思って携帯に吹き込んでOK!みたいな。
ク:作ってる間に知らん間にこれになってるやんとかそんなのないの?
こ:真夏の果実だね
一同:爆笑
こ:大体真夏の果実になるっていう、俺とガンちゃん(GASOLINE)とワタル君(Oi-skall mates)の中で決まってるから仕方ないんだわ。w
き:さっき聞いたんですけど、オイスカの曲からパクってるってワタルさん(Oi-skall mates)に言われたって曲どの曲なんですか?w
こ:あ!wそれはパクってるって訳じゃなくて、雰囲気だけ。メロティも違えばコード進行も違うし。勝手に思ってるだけだけど、ワタル君(Oi-skall mates)は俺の中で作曲の先生的な立ち位置で「こんなん出来る様になったよ!」って意味も籠ってるわけよ。それ裏テーマ。アンサーソング的な。

ク:何故バンドをやろうと思ったか?!
きょ:バンドっていうか楽器になっちゃうんですけど、楽器弾けたらカッコいいかなと思って始めましたね。エレキベースとかエレキギターが単純にカッコいいかなと思いました。
こ:普通か!!!w
一同:爆笑
ク:正解過ぎる答えやんけwドランキーは?
ド:うーん大体一緒なんだけど、ブルーハーツ然り、ハイスタとかゴイステとかそういのが流行ってた時にビリっと来たってだけの話
こ:それってなんでドラムを選んだの?じゃんけんで負けたとかねーの?
ド:ギターのやつはギター持ってて、ベースの奴はベース持ってたんだよ。ドラムがツレんちにあってじゃあドラムやるわって話。
ク:ちょちょちょ、なんでそのツレはやらんの?!w
ド:いやそいつベースだから。
ク:ちょっと金持ちのやつな!w
こ:名前は?w
ド:マサト君w・・・・公務員の部長の息子w
一同:爆笑
き:僕もそんな感じでベースが空いてたから始めたって感じでしたね~。
こ:感じでしたね。とかいってめちゃくちゃ最近の話じゃんねーか!w
き:そうですねw2年前くらいですかね。
は:あたしはバンドを始めた理由は楽器をやりたかった。音楽に興味があって女があんまり触らない楽器がいいな~と思って!でも最初は中学生の時に初めてベース触ったの。学園祭に出るために。その後ドラムやってた。
ク:コウイチロウは?
こ:俺は小学校からやってて、小学校の時に帰りの会ってあるじゃん?あれが雨の日だと終わったあとその先生のコンサートがあって井上陽水の「傘が無い」を弾き語りしてれるんだよ。それ見て。教室にギターが置いてあって、休み時間とかに触ってて、お年玉で大金が入った時に自分用のエレキを買ったんだよ。



ク:じゃあ次ー。今のパート以外でやってみたいパートは?どんなバンドのとかある?
こ:ドラムでラウドネス!wメタルとかハードロックやりたい
ド:俺、ボーカルギターでエレカシみたいなのやりたい
一同:えーーーー!!爆笑
は:その見た目で?wびっくり発言だなw
ク:キョウヘイは?
きょ:どんなんでも良いんでとりあえずギターを弾いてみたいです。エレアコでバンドやりたいです。
こ:お前がありがとう~っていうの?w
きょ:はい言いたいですw


ク:どんなところでライヴしたい?たとえばライブハウス以外で。
は:あ。きょうかーい!教会!
こ:それよく言ってるよね。俺は良く行くんだけど、出たことない大きいライヴハウス。
ク:ボトムラインとか?
こ:そうそう、ボトムラインはGASOLINEでもノットリでもないもんな~。クアトロとかはあるけど、出たことないライヴハウスがいいかな。
ク:キョウヘイは?
きょ:どっか封鎖してやってみたいです。道とか。
一同:えー!w
ド:俺は海の家とか。
こ:野外はこのバンドでは想像つかないな~
は:あたしも~
く:でもやる機会あるかもしれんもんね。

e0228727_2213240.jpg
ク:作詞作曲の題材はなんですか?
こ:作詞はハルカがしてるからな。これ俺からの質問なんだけど、歌詞が後で、曲が大体メロディから俺が作るじゃん。その雰囲気から考えて、書いたりするの?
は:しないね~。書き溜めしてるから雰囲気に合うのを選んでるけどそれに合わせて書くことはないかな~。作詞だけは自分の日頃思ってることか映画を見て思ったこと。
こ:確かに歌詞もレコードに載せてないしね。まず英語だし。
は:そう。だから絵を見て妄想して書いたこともあるよ。だから大体伝えたいことっていうか、感じたこと。


ク:次これは難しいですよ。自分の中でのXERO FICTIONのパーセンテージ?たとえば仕事とか。
こ:俺は80パーセントくらい。あとはの10%づつにGASOLINEとノットリ。笑
は:それって気持ちの問題のパーセンテージ?
ク:うん、自分の中の。
きょ:僕は70%で残りはバイトと学校で別ける感じですかね。
は:70行きたいけど実際は60%くらい?
ド:仕事は2%くらいwお酒が40%。バンドが50%くらいになっちゃうかもw
こ:でも俺は実働60%くらいかもしれない。まだ20%は伸ばせるな~。
ド:そんなこといったら俺実働は25%くらいだよw
一同:おい!!wもっと頑張れよ!
こ:でももし80%くらいまで出しちゃうと俺以外のみんなはついてこれなくなっちゃうと思う。wまだぜんぜん余裕だもん。

VO.2に続く
[PR]
by koichiro_reject | 2014-10-30 12:00
<< 【完売御礼】XERO FICT... 【"This tim... >>